日々是好日

主にV6三宅健氏に関して日々思うアレコレ、その他。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本スポーツ 9/1

2006-10-05-Thu-02:38

「明」と「暗」演じきる

この記事を書かれた方、三宅健の魅力の何たるかを
的確に表現して下さっていると感じました。

個人的見解として、三宅健の最大の魅力は、「二面性」だと思っていて。

  可愛いのにカッコいい。
  チャラそうなのに真摯。
  弟キャラなのにオトコマエ。

ま、盲目なので、三宅健ならば何でも構わない という所に結局は帰結するのですが。
それもこれも、三宅さんの、本当の根底に在るであろう、
人間として尊敬できる部分(素直さだったり、真面目さだったり)があってこそ、
「意外性」や「二面性」が活きるのだと思います。

映画の中の武は、「生き辛いまでにイノセントである」ことが前提になければ、
且つそれが観ている人に伝わらなければ、成立しないキャラであったことを
考えると、三宅健が普段メディアを通じて、
彼の真実の何%を披露してくれているのか計りかねますが、
三宅健自身も相当に「イノセント」に違いないと思う今日この頃。

深夜なので、テンション変です。(事後報告)
そして1ヶ月以上前のネタを引っ張ってきて申し訳ございません。深謝。

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。