日々是好日

主にV6三宅健氏に関して日々思うアレコレ、その他。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QRANK vol.16

2006-07-31-Mon-13:38
お昼休みに購入。
こういう映画誌はお写真に溢れる透明感が素敵。

本日発売の
「QRANK」は平積みされていたのですが、
三宅さん表紙の「
CINEMA SQUARE vol.7」も同じコーナーに並んでいて、
余りの見目麗しさに、既に購入済みにも関らずまた買ってしまいそうになりました。
流石三宅健、素晴らしいすーぱーあいどるっぷりです。

今回は何せ「■特集:Sweet&Bitter 恋を語る…」ですから(むだにピンクにしてみたり)

ヲタとしては何が聞けるかワクドキです。(へんたい)

伊藤歩ちゃん始め、共演者の方々との仲良しっぷりは大変微笑ましいですね。
ミンさんと松山君は特に親しくなったようですが、年齢的には若干離れてる二人です。
でもオトナになると5歳や10歳、どうでもよくなるのは何故でしょう。

嵐の櫻井氏ご出演中の某邦画ではないですが、
「親指さがし」は由美子の失踪によって、それぞれの淡い恋心が行き場をなくしてしまい、
それぞれが8年もの間、恋なのか何なのか分らない、そんな気持ちを
ずっと持ち続けて生きてきた純愛の話でもあるのかもしれません。

三宅さんは本作品出演に当り、熊澤監督サンと、武の設定、その基礎となる人となり、過去・・・
「沢武」の映画の中で描かれない部分について突っ込んで話し合ったようですが、
伊藤歩ちゃんのインタビューを読むと、監督ご自身が元々そういう細かい設定まできっちり、
でも自分の意見を演者に投げるだけではなくて、
キャッチボールをして下さる方だったのだと推察いたしました。
ああいう押しが弱そうだけど入れ物深そうなヒトの方が三宅健には合うのかもしれない。

ソロ写真は、全然似てないのに、「あ、剛つんの目に似てる」と思った。
あの目は反則だね。顔つきがなんであんなに優しいんだよー。
卑怯な位イイお顔。

映画、舞台、色々な経験を経て、三宅健は益々イイオトコになっているのだなあ
と感じた7月の終わりでした。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。