日々是好日

主にV6三宅健氏に関して日々思うアレコレ、その他。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演技者。フライヤー

2006-05-31-Wed-06:38

演技者。フライヤー内にて、お稽古風景が流れる。


青白赤のジャージを身に纏い、方言を操る三宅さん。
非難轟々?の頭髪ですが、トップを立たせてないせいか、
長めの部分がそよそよふわふわしていて、可愛い(盲目)。


ここからネタばれ。


バーカウンター。
バーテンさんと向い合わせに座る、長い真直ぐなカウンターをイメージしていましたが、
2年前の舞台「卒業」でエレーンと初めてお茶?した時のお店のような感じ。
丸テーブルを椅子が囲むような状況でした。
そこに男の人がワラワラと群がって、叫んだり殴りかかったりしてる姿は
何だか、中高生の部室を思い起こさせました。
近寄るだけで何かにおいがしそうっていうの(笑)?
それが「オトコくささ」というモノなのであれば、成功してるんじゃないかな と。


お稽古では方言を操っていて、
「オレやち漁師の息子やき! そんなこと分かっちゅーがよ!!」と
機嫌悪そうな顔で言い放つ三宅さんはとっても男前。
舞台中にクラクラしそう(変態)。


本ちらしを初めてじっくり見てみました。
ご覧になった事のある方はお分かりだと思いますが、10人の男たちが
Vの字に並んでるお写真。
座長だけ明らかに「顔(目)」の向きが違うのですよ。
8人は向って右斜め上を胸張って、寧ろ威嚇するような、挑戦的な、
堂々とした感じで見上げているのですが、
座長だけ明らかに左下を見てる。しかも投げやりな無気力な感じが見えるのです。
「8人+座長」じゃ10人にならないじゃん!と思ったそこのアナタ。
お一人少し年代が上の方がいらして(※お名前存じ上げてなくてごめんなさい)、
その方は左斜め上を見上げてるの。
だから、その方が「伝説の漁師役」であり「サトルのお父さん役」なのかな
と勝手に想像してます。
父じゃないとしてもサトルの味方、理解者っていうの?
穿った見方かもしれませんが、サトルと他の漁師達との対立を表しているのかな
なんて思ったりしました。


以上ネタばれ終わり。


初日が楽しみ。
チケットの当落、席の良し悪しに一喜一憂、振り回されて、
泣いたり怒ったりしてしまうのですが、結局役に入り込む三宅さんを観て、
カーテンコールで役からぬけて、ほっとした顔になる三宅さんを見て、
「あー、来てよかった」と思う。今回も絶対そうなると確信。


***************************************************
スミマセン、嘘ついてました。
座長の顔、やる気ありあり!
↑を書いた時、TVの画面で見ていた本ちらし。
今日、お友達に現物を譲ってもらって紙ベースで見たら、
超やる気に溢れてた!
「オレはやるぜ!!」って感じ?
それに比して、一人で写ってる方は、「佇む」ということばがピッタリかな。
「思い悩む青年」風だね☆


(2006.06.08追記)
***************************************************

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。