日々是好日

主にV6三宅健氏に関して日々思うアレコレ、その他。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人者 3/11

2007-03-11-Sun-22:38

健たん、共演者の皆様、スタッフご一同様
一先ず東京全24公演、お疲れ様でした。

以下ネタバレ。


楽日ソワレを観て参りました。


最後まで「謎」が残る舞台だったなあ。
何が正しいのか、何を以って正しいというのか。

謎は解けないので、カーテンコールの模様を記すこととします。

カーテンコールは4回か5回。
(その位覚えておきなよって感じですな…)
「脚本・総演出の赤堀さん!」と三宅さんに紹介されるも、
「え?え?え!?」とグダグダだったシャイな赤堀氏。
仮面のオトコも赤堀さんに連れられて、素顔を披露。

昨日、三宅さんに「どしたの、あおちゃん。今日は煩いよ」と
エサを貰っていた
とっても羨ましい松田家のあおちゃんも
三宅さんに連れられてご登場。
三宅さんが籠と一緒にチョコンとアタマを下げて、
共演者の皆さんと客席が一体になってあおちゃんに拍手。
何だか、和やかで温かい、良い雰囲気だった。

座長先生である三宅さんから口頭で
特別なご挨拶はなかったのだけど、
客席の拍手が鳴り止まず、最後に一人でご登場した時。
きっとこの公演の中で、一番長く、一番深く、
いつまでも客席にお辞儀をしてくれた姿を見て、
涙が出るのは、これはハハのキモチなのでしょうか。
それとも嫁ぐ直前の娘にアタマを下げられたチチのキモチ?


仕事をしていて、「また一緒にやろう」と言ってくれる人の存在って
本当に大切、大事。
「ゲーノージン」と言われる職種の方が、この日本に
何千人、何万人いるのか定かではありませんが、
そういう中で、一緒に何かを作りたい、作っていこうと思える、
分り合える人達が同じ世界に居るって事は、三宅さんの
普段の努力、好奇心の高いアンテナ、人付き合いの賜物ですね。

これが更なるミヤケケンの大いなる一歩になることを願って。





スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。